エステで使われている方法は?

脱毛専門のエステや、総合美容エステの脱毛方法は、

光脱毛(フラッシュ脱毛 IPL脱毛等)
ターゲット=成長期の毛乳頭

黒色(メラニン色素)に反応する光を使って毛根にダメージをあたえ、 減毛、除毛する
産毛は細くて薄い色のため、効果がでにくい。毛周期の成長期の毛乳頭にダメージを与え、だんだんと除毛にいたる。
光の種類はいろいろあるが、この光脱毛方式を採用しているエステは多い。
   続きを読む

SSC方式(スムーススキンコントロール)
ターゲット=成長期の毛根

 クリプトンライトを使って、をビーンズジェル(抑毛効果のある植物由来の成分)を毛穴に溶かし込み、抑毛、減毛、除毛する
 クリプトンライトの温熱で、ジェルにとじこめたビーンズを溶かしながら、毛穴に浸透させ、
 その有効成分により、抑毛するので、一般の光脱毛のように、メラニンに光を吸収させて毛乳頭にダメージを与える方法とは異なります。メリットとして、痛みがほとんど無いことです。また、天然由来の成分は肌のきめを整えたり、美肌効果があります。
SSC方式を、脱毛口コミで一番人気のミュゼや脱毛ラボで採用していますが、こちらのサイトで、紹介されてます。ご参考まで http://xn--tckue547i9pbt27cl00aenn.com/
 続きを読む

ニードル脱毛
ターゲット=成長期の毛根

 電気針を毛穴に差して、毛根を破壊する
 ※初期の脱毛はニードル全盛だったが、今はこの方法を併用しているエステはほんの一握り
   続きを読む

ハイパースキン脱毛
ターゲット= 休止期の発毛因子(毛の種)
 

 この方法だけは、成長期の毛根はターゲットにしていない。
 皮脂腺から、これから、発芽(発毛)しようとする発毛因子(毛の種)に作用させ、発毛を阻止する方法。
 すでに生えてる毛は自然脱毛を待つことになる。
 まだ新脱毛法で 一般に認知が低いが、デメリットがなく、効果が期待できる方法
    つづきを読む